転職するより副業がオススメ

働く金額とは

転職するより副業がオススメ 扶養内に入っている方が働く場合、働く金額が非常に大切になります。
例えば私が学生の際、調子にのってアルバイトを頑張っていたところ、税金を驚く程徴収され驚かされました。
今回は配偶者控除について説明します。
よくパート先で「控除内で働きますか?」と聞かれます。
これは何を意味しているかというと配偶者控除内で稼ぐという意味になります。
旦那さんの税金は配偶者控除を受けられます。
配偶者である奥さんが年間、103万円以上、稼いでしまうと税金を払うために働くようになってしまうので注意が必要です。
この申請は会社側が行ってくれます。
さらに130万円も注意しなければいけないラインになります。
130万円以上稼いでいる人は社会保険の「扶養」に入れなくても良いと考えられているのです。
この130万円を超えてしまうと税金を払わなければいけないのではなく、自分で健康保険に入る必要が出てきます。
また、年金も第3号被保険者となるので自分で納めなくてはいけなくなります。
月2万近い保険を別途払わなければならないのは意外な出費です。
ただ大半のパート先ではこの2つのラインを時給から計算して仕事を配分してくれるケースが大半です。
扶養内で働きたいということを申告しておきましょう。
求人欄にあらかじめ書いてあるケースもあります。

Copyright (C)2022転職するより副業がオススメ.All rights reserved.